今井 治人(Haruto Imai)

指揮者


1989年桐朋学園大学音楽学部卒業。在学中より倉敷音楽祭管弦楽団等に参加するなど、多くの演奏会に出演し活動を始める。
 91年より洗足学園大学付属指揮研究所にて指揮を学び、94年同研究所マスターコースを修了。92年、93年には、イタリアのキジアーナ音楽院夏期セミナーのマスタークラスにおいて研鑽を積んだ。 指揮を秋山和慶、飯守泰次郎、黒岩英臣、岡部守弘、河地良智、増井信貴の各氏に、スコアリーディングを島田玲子氏に、コントラバスを小野崎充氏に師事した。二期会、大田区民オペラ協議会、東京オペラプロデュース、東京アカデミー合唱団等の多くの公演でアシスタントを務める一方、各地のオーケストラ、合唱団に客演。音楽性にあふれたその演奏は、常に高評をもってむかえられ、今後活躍する逸材と期待されている。佐賀大学文化教育学部教授。